第32回蜂ノ巣湖桜まつり〔4/3(日)大分県日田市中津江村〕

 日田市中津江村の下筌しもうけ公園で、蜂ノ巣湖はちのすこ桜まつりが開催されました。(主催: 蜂ノ巣湖桜まつり実行委員会)

 今まで、この桜まつりは、水源地域と流域の活性化を図るため、ダム見学・植樹や交流会を通じて福岡市民との交流を深めてきていましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、2年間中止されていました。

 今回は、福岡市民との交流を行わず、地元の祭りとして、規模を縮小しての開催となりました。当日は、地元の皆さまや国土交通省筑後川ダム統合管理事務所、福岡市水道局、当企業団職員などが参加しました。

 快晴の空の下、下筌ダム見学、蜂ノ巣湖のボート遊覧体験などのイベントのほか、公園では、さまざまな展示やバザール、キッチンカー、屋台などの出店がありました。

 福岡市水道局は、「ふくおかの水(水道水)」とミネラルウオーターの飲み比べを実施し、どちらの水がおいしいかを尋ねた結果、おおむね半々の結果でした。当企業団は、昔なつかし「型抜き」を行い、子どもも大人も楽しまれていました。

 また、屋外ステージでは、地元のバンドの演奏、住民のカラオケ披露、餅まきや福引抽選会が行われ、会場は大変盛り上がり楽しい1日となりました。