200海里の森づくり・下草刈り〔9/14(土)大分県日田市中津江村〕

 日田市中津江村において,筑後川水源地域の森を守り,有明海の魚や海苔を育てる豊かな水環境を子どもたちに引き継ぐことや上下流域住民の親睦を深めることを目的として,200海里の森づくり実行委員会の主催により,日田市中津江村合瀬のスーパー林道沿いで「200海里の森づくり・下草刈り」が実施されました。

 当日は,日田市,大川市,福岡市の住民の皆さん,大川市,福岡市,日田市の職員及び企業団から職員5名が参加し,地元の一般財団法人中津江村地球財団や笑顔の会などをあわせて総勢約180名で残暑厳しい中,汗だくになりながら,人の身長を超える下草を刈りました。

 下草刈り作業の終了後は,鯛生たいおスポーツセンターで昼食交流会が行われました。

 

 赤星あかほし実行委員長の開会あいさつ,原田はらだ日田市長の来賓あいさつに続き,光山みつやま福岡市副市長の音頭による乾杯で交流会が始まり,バーベキューの昼食をとりながら賑やかに交流を行いました。

 

 下草刈りは,植樹した苗木が雑草などに負けないよう成長するまで手助けをする大切な作業です。

 これからも有明海に注ぐ筑後川流域の森が自然の豊かさの源となるようにみんなで守り育てていきましょう。

 

下草刈りの様子

下草刈りの様子

広範囲に草刈り

広範囲に草刈り

昼食交流会の様子

昼食交流会の様子