施設紹介(まみずピア)

施設紹介

海水淡水化センターは新たな水資源の確保を広大な海に求める「海水淡水化施設」です。

まみずピア施設概要

施設名称
海の中道奈多海水淡水化センター
施設愛称
まみずピア (公募により決定)
事業費
約408億円
施設の特徴
  • 浸透取水方式の採用によリ清澄な海水を安定的に取水できます。
  • 前処理にUF膜を採用することにより微生物や極細微粒子まで除去できます。
  • 逆浸透膜では、高圧RO膜に低圧RO膜を加えることで、よリ良質な水を生産できます。
  • 淡水回収率の向上により、取水海水量が少なくなり、前処理施設も縮小でき、低コストになります。
施設
  • 敷地面積 約46,000平方メートル
  • 構造・階数 鉄骨造 地上2階建て
  • 最大生産能力 50,000立方メートル/日
取水設備
  • 方式 浸透取水方式
  • 最大取水量 103,000立方メートル/日
  • 集水面積 約20,000平方メートル
  • 集水枝管 ポリエチレン製 φ600mm×3,600m
  • 集水親管 ポリエチレン製 φ1,800mm×314m
  • 導水管 レジンコンクリート製 φ1,500mm×1,150m
プラント設備 逆浸透方式

UF膜ろ過装置

  • 型式 スパイラル型限外ろ過膜(UF膜)
  • 材質 ポリフッ化ビニリデン
  • 本数 255本×12ユニット
  • 運転圧力 0.2MPa

高圧逆浸透装置

  • 型式 中空糸型逆浸透膜(高圧RO膜)
  • 材質 三酢酸セルロース膜
  • 本数 400本×5ユニット
  • 運転圧力 最大約8.2MPa
  • 高圧ROポンプ 2,450kw

低圧逆浸透装置

  • 型式 スパイラル型逆浸透膜(低圧RO膜)
  • 材質 ポリアミド膜
  • 本数 200本×5ユニット
  • 運転圧力 1.5MPa
  • 低圧ROポンプ 240kw

エネルギー回収装置

  • ぺルトン型水車

ポンプ類

  • 取水ポンプ 生産水導水ポンプ 放流ポンプ等

水槽類

  • 調整水槽 生産水槽等

薬注設備

  • 次亜塩素酸ナトリウム 水酸化カルシウム等

一般向けパンフレット

pamphlet

※クリックして画像を拡大