濃縮海水の有効利用

濃縮海水は玄界灘の海水を、浸透取水方式によって砂ろ過し、さらにUF膜処理で細菌やウイルスまで除去した非常にきれいな海水から真水をとり除いて濃縮したものです。

玄界灘の海水の塩分濃度は約3.5%ですが、濃縮海水の塩分濃度は、約2倍の7%~8%程度になります。

濃縮海水の有効利用としては製塩・にがりなどが考えられています。

濃縮海水はこれまで、主に製塩業の原料などに利用されてきましたが、さらに有効利用を図りたいとの考えから、有償譲渡希望の公募を行っています。

譲渡価格は、税抜き50円/立方メートルとなっていますが、少量の試験的利用の場合、無料配布も可能です。

なお、譲渡の際には,企業団内で審査を行い協定書(Word 34KB)を取り交わさせていただきます。

詳細については、海水淡水化センターまでお問い合わせください。

濃縮海水有償配布に関する要領(PDF 100KB)

PDFファイル形式をご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobe社サイトから最新のAdobeReader(無償)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerのダウンロード