耐震化の取り組み

耐震化計画

平成17年 3月  「福岡県西方沖地震 M7.0」が発生
平成17年 5月  「福岡地区水道企業団地震対策検討委員会」
専門家等による地震対策の方向性と推進の手順についての提言
平成19年 3月  「警固断層帯の評価」が文部科学省より公表
警固断層帯南東部の地震規模 M7.2 
平成19年 11月 「福岡地区水道企業団耐震化計画」
牛頸浄水場、警固断層部管路、ポンプ場の整備計画策定
平成26年 2月 「福岡地区水道企業団管路整備計画」
管路整備に係る総合的かつ長期的な計画策定

地震に強い用水供給システム構築を目指して取り組んでいます!

実施状況

警固断層帯南東部を震源とする阪神・淡路大地震クラスの地震が発生することを想定し、既存施設の耐震化を実施。

浄水場の耐震化

牛頸浄水場については平成19年度から整備を行い、25年度に補強工事を完了しました。
多々良浄水場(福岡市との共同施設)については、32年度までの完了を目指しています。

牛頸浄水場 浄水池(水道水を貯める池)の耐震化

ポンプ場の耐震化
耐震補強が必要な3施設(浦の原,八田,大佐野)について平成21年度に補強工事を完了しました。
管路の耐震化
平成24年度から警固断層南東部を横断する管路を、耐震管(離脱防止機構付管)で管路整備を実施しています。
耐震化は全ての管路を対象とし、埋設して80年を迎えるまでに耐震化を目指しています。

平成40年頃までの管路整備計画

耐震管はクレーンで吊っても抜けません。警固断層付近で施工中の耐震管路(口径 1200mm)