水道事業ガイドライン

「水道事業ガイドライン」に基づく業務指標の算出結果について

福岡地区水道企業団では、水道サービスの向上、事業運営の透明性を確保するため、「水道事業ガイドライン」に示されている業務指標について算出を行いました。

※指標値の詳細については「福岡地区水道企業団の業務指標(PI)一覧表(平成24年度~28年度)をご覧ください。

水道事業ガイドラインとは

水道事業ガイドラインは、水道事業及び水道用水供給事業の多岐にわたる業務を定量的に評価する共通手法として、平成17年1月に日本水道協会の規格として制定されております。

また、規格制定から長年が経過し、この間、新水道ビジョンの策定、東日本大震災を受けた耐震対策の強化、水質基準などの水道関係法令の改正といった水道事業を取り巻く社会環境が大きく変化していることから、平成28年3月に水道事業ガイドラインの規格改正がなされております。

規格改正に伴い、業務指標(PI:Performance Indicator)は、このガイドラインの中で水道事業等の業務を3つの分野(安全で良質な水・安定した水の供給・健全な事業経営)に区分し、119項目の指標が示されております。

算出の目的

業務指標を活用することにより様々な角度から当企業団水道用水供給事業の自己分析が可能となり、また、利用者にわかりやすい情報が提供できるものと考えています。

算出結果の概要

今回、平成24年度から28年度までの5年間のデータを用いて、水道事業ガイドラインに示されている119項目の指標のうち当企業団の水道用水供給事業として算出可能な86項目について算出をおこなっております。 なお、算出結果については、別紙「福岡地区水道企業団の業務指標(PI)一覧表」のとおりです。

業務指標算出結果一覧表

福岡地区水道企業団水道用水供給事業業務指標(PDF)

PDFファイル形式をご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobe社サイトから最新のAdobeReader(無償)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerのダウンロード